健康と美容のために、良い水を飲もう!

FrontPage

名水について

日本には名水と呼ばれる湧き水や地下水が数多く存在しています。それらは国でも選定されており、昭和60年と平成20年の二度にわたって全国にある湧き水、地下水の中から100箇所が名水として決められました。

日本は長寿の国と言われていますが、その理由のひとつが水にあるようです。日本の水は世界的に見ても美味しく、身体にいいと評判で、それを毎日のように飲み続けているから長生きが出来るという説が提唱されています。中でも名水と呼ばれるクオリティの高い水を飲み続けている地域の人々は、病気になりにくいという研究データも出ています。それが真実とするならば、長寿と水には密接な関わりがあると考えて良いでしょう。

近くに名水がない場合は、それぞれの地域から水を取り寄せたり、現地に汲に行くといいでしょう。世界の名水はなかなか現地まで行くというのは難しいでしょうが、日本の名水であればちょっとした旅行のついでに汲んでくることも可能です。もちろん、名水を汲みに行くのを主目的としても構いません。
一箇所の名水だけを飲むのではなく、日本各地に散らばるさまざまな名水を飲み、それらを比較すれば健康になると同時にエンターテイメント的な楽しさも味わえて、充実した人生が送れます。
日本の名水の味を楽しむことは、日本を知ることにも繋がります。

なお、誤解されがちですが名水というのはあくまでも保全状態が良く、地域の役に立つ水であることが前提条件であって、そのままの飲用に適しているとは限らないので注意する必要があります。実際、名水として選ばれた水の中には煮沸しないと飲めないものも含まれています。
名水として名を連ねているからといってすぐに飲めると勘違いしてしまうと、思わぬ体調不良を引き起こしかねないので気をつけたほうがいいでしょう。
逆に言えば、煮沸さえすれば名水はとても美味しい水として飲用や料理に活用することが出来ます。それらは実際に販売されていたり、現地で汲むことが出来たりと、さまざまなルートで手に入れることが可能です。

[PR]
素粒水は、素粒子エネルギーの力で細胞の酸化を抑制します。

ワンウォーターECO

素粒水

太陽から届く光のエネルギーにはたくさんの素粒子が含まれており、それが地球生物の命を育む大切な要素となります。そのエネルギーを含んだ水が「素粒水」です。
「素粒水」は災害時の非常用飲料水としても保存することができます。水質試験の結果、4年間常温保存されていた「素粒水」が腐敗することなく飲料水に適合することが証明されました。
また、室内に「素粒水」を入れたペットボトルを置くと素粒子エネルギー空間を創ります。
さらに素粒水は酵素の代役を果たし、食品を発酵させます。


ワンウォーターECOの詳細はこちら




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional